所属タレント

齊藤 明雄
プロフィール

本名 齊藤 明雄 SAITO AKIO
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 1955年2月23日
血液型 ?型
サイズ 身長:184cm 体重:83kg
肩書 プロ野球コーチ、解説者
打球・打席 右投右打
球歴 大洋ホエールズ、横浜大洋ホエールズ、

横浜ベイスターズ (1977 – 1993)
コーチ歴 横浜ベイスターズ (1993、1996 – 1999、 2007 – 2008)
獲得タイトル 最優秀新人(1977年)、最優秀防御率(1982年)、セーブ王:3回(1982年、1983年、1986年)、最多奪三振(1978年)、オールスターゲーム出場:6回(1978年、1981年~1983年、1985年、1987年)


俳優業
花園高等学校を経て大阪商業大学へ進学。全日本大学野球選手権大会で2度の準優勝投手に輝いた逸材として、1976年秋のドラフトで大洋から1位指名を受け入団。球団は斉藤への期待を込め、秋山登や山下律夫らが付けたエースナンバーの17を与えた。1977年は、新人ながら開幕1軍。8月30日の対巨人戦で、王貞治の本塁打世界記録(755本)達成を阻止したうえプロ初完封、一躍脚光を浴びる。このシーズンは8勝9敗で、西本聖を押し退けて新人王を獲得。翌1978年は、新築された横浜スタジアムのオープニングゲームに先発。見事に完投勝利し、同球場の公式戦勝利投手第一号となる。この頃からトレードマークの口ひげをたくわえるようになる。1981年には遠藤一彦と入れ替わりで抑え投手に転向。5勝15敗10Sをあげる。
1982年登録名を「明雄」から「明夫」に改名。
当時の日本記録である8連続Sとシーズン30Sを達成、リーグ最多セーブを記録する。さらに規定投球回に達し最優秀防御率のタイトルも獲得。1983年には10勝8敗22Sで最優秀救援投手のタイトルを獲得。1986年には2度目の最優秀救援投手となる。しかし、1988年の開幕直後に右膝半月板を損傷し、先発投手に再転向。7月3日の対中日戦で、右投手では史上初、左右あわせても史上3人目の通算100勝100Sを達成する。1993年には投手兼任コーチに就任するも持病の右膝痛が悪化し(主治医には「60歳代の膝と同じ状態」と言われた)、現役引退を表明。10月20日の対ヤクルト戦で通算600試合登板を果たし、2日後の10月22日の対広島戦で現役最終登板。
引退後は1994年~1995年フジテレビの解説者、1996年~1999年横浜一軍投手コーチ、2000年~2006年フジテレビおよびニッポン放送解説者、2007年~2008年、横浜一軍投手チーフコーチに復帰。2009年からは再びフジテレビ、テレビ神奈川の解説者として活躍中。